スカルプが痒くてたまらなくなることがあります。痒いときにスカルプをとことんみていると、湿疹ができている場合や炎症が起こって赤くなっている事態、あるいは乾燥を通してフケがでているケースがあります。何でこのようになっているのでしょうか?湿疹ができている原因は、スカルプの停滞が原因になっているケースがあります。洗いやトリートメントによるときに流したりなくてそのもとが残ってしまって掛かることがあります。とくにトリートメントはスカルプや毛孔を塞いでしまうことがあるので、そのもとが溜まるため炎症が起こってしまってその部分に湿疹ができてかゆみがでてしまうことがあります。できてしまった湿疹が、かゆい状態になって、かきむしってしまうため二度と炎症がひどくなって血液がでてしまうこともあります。洗いやトリートメントだけでなく、カラー剤やパーマ剤などによっても炎症がでてしまうこともあります。ひいてはスカルプが乾燥してしまってかゆみが現れることももあります。
冬の季節になると湿度が低くなって、乾燥がひどくなりますが、スカルプも肌同様に乾燥を通してしまう。乾燥がひどくなると痒みがでてしまうので、かいてしまってもう一度湿疹ができてしまったり、炎症がひどくなったりしてしまう。ですから湿疹ができたり炎症がでてしまったらまずは医院に言って炎症をきびしくしないようにすることが必要です。ひいては洗いやトリートメントは、敢然と流すことが必要です。アロベビー ミルクローション 口コミ