冬季は人肌がドライしがちな状況です。一概に保湿しているつもりでも、パウダーやファンデーションを載せるとドライを一段と著しく映ることもあります。別に潤いの少ない粉上のものは人肌の潤いを奪う公算が高まります。また、UVは夏場より軽くはなりますが降り注いでいるので、反対化粧で立ち寄ることは避けておきたいものです。但し、夏場のように手強い日焼け止めを付けるというほどではありません。なので注目したいのがファンデーションです。
夏場日焼け止めをファンデーションの代わりに使ってきた方も多いはずです。冬になる日射しが弱くなった結果日焼け止めがいらないからと土台をつけないでいるとメーキャップののりも悪くなりますし、UVでの重荷も引き続き受けてしまう。それを防ぐために土台を使いましょう。
別に冬に取り扱うという事で重視したいキモが保湿スキルです。人肌のモイスチャーが足りなくなる状況ですから、ファンデーションでドライを防ぎましょう。スキンケア効果の高い物であればなおよいです。
土台を必ず付けるためよく化粧を通しても人肌への負担が少なくなりますし、ファンデーションののりもよくなります。肌荒れが加わる冬季だからこそ、化粧を土台から見直してみましょう。アヤナス